勃起障害の治し方

勃起不全を改善する様々な方法をご紹介します。

社会復帰する為の前立腺肥大と勃起の関係

前立腺は膀胱の手前にある腺のことを指し、その働きは前立腺液を尿道に分泌することにあるわけですが、精子を運んだり栄養を与える大切な役目を担っています。
性交時には弱酸性である膣内での活動がスムースに行なえるように保護液を分泌する機能も兼ね備えているので、生殖活動を行なう上でなくてはならない器官であると言えます。
ところがこの器官は加齢と共に障害を持つようになり、もっとも一般的な病気の症状としては前立腺肥大が挙げられます。
これは40代ぐらいから男性に限って症状が自覚されるようになり、勃起機能自体にも悪影響を与えることになってしまいます。
元々この症状は男性の大多数に見られるわけですが、80代になると約8割の男性に起こることになる典型的な加齢症状となります。
この前立腺肥大の代表的な症状として挙げられるのは、良性の腫瘍が前立腺周辺に過剰な組織増殖による肥大が原因とされております。
上記の症状では排尿時の残尿感や、悪くなると肥大による尿道封鎖や発がん性物質の分泌などにも繋がる病気となります。
30代で発症を自覚する人もいますが、尿が溜まっているのに出せないとかひんぱんにトイレに駆け込むことになるなど、十度になればなるほど社会復帰が難しい病となってしまいます。
ちなみに生殖活動に勃起は必要不可欠ですが、生殖年齢を過ぎてその役目を終えたと脳が判断してしまうと、肥大して尿道をふさいだり健康に害を及ぼすことになります。
特効効果としては脳に生殖年齢が終わったと思わせないことですが、定期的な性交などがないと判断材料が乏しく一時的なストレスなどの副作用を及ぼす危険性もはらんでいるのです。
この治療として肛門から触診で直接、前立腺の状態を確認するのが一般的に用いられています。