勃起障害の治し方

勃起不全を改善する様々な方法をご紹介します。

勃起障害は老人だけではなく体型も関係する

10~20代の勃起はよくあったけど、中年以降になると陰茎がたたなくなる勃起障害が起こりやすくなります。老化現象というよりもストレスが大きく関係してきます。しかし、おじいちゃんと呼ばれる年齢になると老化現象ですぐにたつ人はそんなに多くないです。老化現象は仕方ないですが、やっかいなのが病気による勃起障害です。糖尿病や前立腺肥大が大半を占めます。特に前立腺肥大による手術では、前立腺で作られる精子運搬液がかなり減少しますので、必然的にたたなくなる場合が多いのです。
体型も関係してきます。太りすぎの場合は、精管や陰茎が圧迫されますので、たちにくくなります。また太りすぎの方は高血圧や高脂血症などの持病があるので、健康体から比べると勃起障害が起こりやすくなります。
年齢を重ねても陰茎が元気な方も少なくないです。このような人は体型が痩せ~標準であり、ストレスもあまりなく、楽天的です。勃起は心理や精神面が大きく影響しますので、考え事があったりストレスを抱え込んでいたりすると、勃起が起こりにくくなります。
勃起障害を改善するには、まずは自分が好きなアダルトビデオで楽しむことで、快感に慣れることです。アダルト系となると罪悪感を持つ人がいるかもしれませんが、本能的なものであって、種を残す大切なことです。
もし奥さんで勃起がなければ、風俗でもいいです。好みの女性を選ぶことで楽しめば勃起も若いときと同じように楽しめます。前もってネット確認すれば、雰囲気だけでもじゅうぶん楽しめて、勃起が起こります。
性欲は生きるうえで必要なことであります。ですから勃起障害になってしまうことは生きることへの居心地が良くない方向に進んでいるという意味に捉えてもけしておかしくないのです。